最新医療 疼痛治療のペインクリニックに注目

病気やけがの疼痛の度合い次第で鎮痛剤投与を受けますが、疾病予防医療により疼痛経験しないで済む方がベターです。

最新医療 疼痛治療のペインクリニックに注目

臨床医療以上に期待される、疼痛経験しないで済む疾病予防医療

人は誰でもできるだけ健康を維持して元気に生活したいと願い、病気にならぬよう、あるいはけがをすることのないよう、食事や日常の行動など生活面で気をつけながら暮らしていますが気付かないうちに、あるいはやむにやまれず無理をした行動をすることがあるわけです。

このような時に一人ひとりの体力や生まれつきの体質あるいは注意力の違い等があって時折り病気になったりけがや火傷をすることが起こります。
病気といっても軽い風邪程度で直に回復するものから生死を分ける程の重い病に罹り長期間苦しむものまでいろいろあります。
一方、けがや火傷では大けがをして救命治療や外科手術等、臨床医療行為を受けるまでの時間に感じる疼痛は激痛となって当人を苦しめることになるのです。

病気に罹ったりけがや火傷を負うと急に痛み出す急性型の疼痛から長期間にわたってずきずきと痛む慢性的疼痛迄さまざまです。

中枢神経や末梢神経を傷つけることで発生する疼痛と感情的な疼痛の2種類があるようですが、酷い疼痛を受けると睡眠さえ妨げられることも起こってしまいます。
継続的な痛みに耐えられなければ本人の気力がなくなり仕事や勉強に力が入らなくなってしまうため、医者はモルヒネなどの鎮痛剤を投与して病人の苦痛を和らげる医療を行うわけです。

医療行為の面から疼痛除去の効果を考えると、苦痛を取り除くことで病人が気力や体力回復あるいは病気の悪化することを防ぐ効果があり、元々あった健康体へ向かうための治療を施しやすくなるのだと思います。
しかしながら、このような医療は対症療法的な治療方法ですが、高齢者が激増している我が国では健康を失いがちになる高齢者に対して病気にならぬよう疾病の予防保全策が取られて、疼痛を受ける苦痛を経験しないで済む対策の方が歓迎すべき医療だと思います。
Pick Up

Copyright (C)2017最新医療 疼痛治療のペインクリニックに注目.All rights reserved.