最新医療 疼痛治療のペインクリニックに注目

医療用語の疼痛と言う普段であればあまり聞き慣れない言葉だと思いますが、要するに痛みを表していると言う事です。

最新医療 疼痛治療のペインクリニックに注目

疼痛と言う医療用語を初めて聞いた

疼痛を表す言葉は医療的には100種類以上ある様ですね。良く、医師の方からジンジンする?
や、チクチク、ズキズキする?
と言った言葉の痛みやしびれと言う物、他には焼けるような痛さや突っ張り等を含めて全て疼痛と言う言葉で言い表すようです。

ですので、もしかしたら医師の方からするとどの様に痛むと言う言葉を聞いて表現の問題では無く、それらすべては疼痛と言う風にみなしているのかもしれません。個人的には、この言葉を見た時に全く読めませんでした。
何かの痛みか、それとも怪我の一種か何かと思いましたが、痛みを表す表現だったんですね。其の疼痛には大きく分かれて2種類ある様です。

怪我や病気などによって急に起こるのを急性疼痛。対して原因の治療を行っており、何カ月も痛みが伸びたり、再発しているのを慢性疼痛と言うようです。

前者はどちらかと言うと身体を守るための反応と考えられるようです。

痛みを感じることで、傷ついた部分を安静にしなさいと身体から警告されていると感じれば分かりやすいかもしれません。後者は痛みそのものが病気だったり、痛みが続くと言う事は何かしら問題があると言う事だと思います。

医療用語ですからはっきりとは分からないかもしれませんが、医師に言えば、是はどちらの疼痛かと言う事は区別してもらえるんだと思います。
ですので、素直に受け答えし、判断してもらうのが一番良いのかもしれません。そして、痛みが起きたら医者へ行くことなんでしょうね。
Pick Up

Copyright (C)2017最新医療 疼痛治療のペインクリニックに注目.All rights reserved.