最新医療 疼痛治療のペインクリニックに注目

疼痛は病気や怪我などで神経が傷つけられた時に感じる痛みです。医療措置としては抗うつ剤やてんかん薬が使われます。

最新医療 疼痛治療のペインクリニックに注目

疼痛に用いられる医療

病院などで他人が痛そうに顔をしかめているだけで、なんとなくこちらも痛みを感じるようなことがありますね。痛みというのはどういう種類のものでも辛いものです。

その痛みの種類の一つとして、疼痛というものがあります。
一般的にズキズキする痛みと言われるものです。

身近な例で言えば、虫歯になった時や転んで出血した時の痛みでしょうか。この疼痛を感じる体のメカニズムは、病気や怪我などで神経が傷つけられてその後も痛みが持続している状態です。

よく言われるのは、帯状疱疹にかかった後や糖尿病に伴う疼痛です。

帯状疱疹は男性がかかる確率が高く、統計上でも日本人の3人に1人はこの病気を発症すると言われています。
糖尿病も生活習慣の代表的な例で近年罹患率が増えてきているようです。

これらは長期に渡り疼く痛みを伴い、日常生活にも影響を及ぼします。
医療措置として取られるのは、抗うつ剤やてんかん薬などを使った神経に直接働きかけて痛みを緩和する方法です。

筆者も抗うつ剤を服用していた事がありますが、その副作用としては眠くなったり、注意力が散漫になったりするというものでした。
こういう副作用がでるということは、それだけ神経に直接働きかけているという証拠かもしれませんね。毒と薬というのは表裏一体で、切っても切り離せない関係にあります。
なので、そういう神経に働きかける薬を用いることによって疼痛という辛い痛みが緩和することを助けてくれるのかもしれません。
Pick Up

Copyright (C)2017最新医療 疼痛治療のペインクリニックに注目.All rights reserved.